前を向く、きょうも。

社会人1年目が綴る、何の足しにもならないブログ。

上司へ。あなたの当たり前は私の当たり前ではないのです。

こんにちは、ぺーぺーです。

新卒1年目が上司への愚痴を語ります。

これほんと「お前ペーペーの癖に何言ってんだまず働け」

ってなると思うんですけど(その通りです)、

まぁ暇つぶしだと思って、ね。

 

 

入社してすぐの頃はまぁ結構楽しかったんです。

入りたかった業界だし、やりたかった仕事だし。

何より、受けた会社の中でたった1つしかなかったPR会社に内定もらったんです。

もしかして広告代理店より向いてるのか...?

って思ったんですよね(わかんないけど)。

 

大きな会社じゃないので、すぐに提案もさせてもらえて

学生時代の経験も活きてSNSとかネット周りのことは

ほとんどやらせてもらえました。

 

 

ただ、難点だったのは上司だけ。

分からないことって上司に聞くじゃないですか。

特に私の会社はしっかりした研修がないので

もう本当に分からないことだらけなんです。

基本的な知識は本から得るしかないし、

提案書も見様見真似。業界用語だって逐一調べて聞いて...

という感じです。

 

私は1年目だし、聞けるのは本当に今だけだ!って思って

調べてもわからないことについては聞いてたんですよね。

そうしたらどうでしょう。

上司の答え方にカチンと来てしまったんです、ごめんなさい。

 

ぺ「これって~~と~~どっちが良いですかね」

(基本的に自分で考えた答えをいくつか用意してから質問します)

 

上「は?これは~~だから。

~~っていうのは~~ってことだよ(当たり前じゃん)。」

 

なんですかその言い方。

あなたの当たり前は私の初めて知ることだらけなんですよ。

この例だとかなりわかりにくいと思いますすみません。

 

とにかく私が一言いいたいのは、

あなたが知ってる当たり前のことは私にとっては当たり前じゃないのです。

もちろん、社会人として知っておくべき当たり前のこともあると思います。

 

ただ、やっぱり傷つきましたね私...

もう色々聞く気失せましたもんね。

(あ、これ1回じゃないですよ、いつもです)

 

なので完全に心が折れてしまいました。はぁ。

愚痴みたいになっちゃいましたけど、

でもこれでとても学びました。

部下が質問しやすい環境をつくることも上司の仕事だと。

 

私はもうなかなかその上司に質問することはないけど、

それでもこうやって将来こうなったら、

みたいなのを学んでいくんだなと。

 

こういう悩みってよくあるのかな、あるよね?ね?

とりあえず来週からもがんばろう~✡